オンラインカジノの魅力とは!?

オンラインカジノで税金を払う必要はある?

オンラインカジノで税金を払う必要はある?

日本からオンラインカジノをプレイして、もし大きな金額儲けてしまったらどうしますか?
オンラインカジノで得た報酬金には、実は税金がかかることをご存知でしょうか?
パチンコやスロットと違い、一定金額以上稼いでしまって収入を得た場合は、入金の義務が発生します。これを知らないままにしていると後で、脱税として逮捕されてしまう…なんてことも、無いとは言い切れないので、儲けてしまったあとのことも知っておきましょう。

オンラインカジノでどれくらい儲けたら納税の必要がある?

オンラインカジノで儲けた金額は、所得として扱われるので、一定金額以上儲けたときは、『確定申告』が必要になります。
始めたばかりのときは、そこまで気にする必要はありませんが、ガッツリオンラインカジノで稼ぐつもりの方は、必ず必要になります。

オンラインカジノの報酬金は「一時所得」

オンラインカジノで税金を払う必要はある?

オンラインカジノで稼いだ金額は「一時所得」として扱われます。
これは、宝くじの報酬金や競馬の配当金と同じ分類になり、一時所得は課税対象となります。

オンラインカジノの報酬は銀行などの、中央機関を通して振込が行われる貯め、記録が確実に残ってしまうため、パチンコやスロット等のように見逃せることがほぼありません。

本収入がある場合「20万円以上」で申告が必要

では、どれくらい儲けたら確定申告が必要なのかというと、会社員等の本収入がある場合は、それ以外「20万円の副収入がある場合」には、確定申告が必要です。これは、オンラインカジノに限らず、副収入があるときは申告が必要です。

この時、確定申告の申請が必要な収入の金額は勝ち金が発生した取引のみしか、収支として計上することができないので、その点には注意が必要です。

確定申告には、オンラインカジノから「支払調書」が必要

確定申告には、「源泉徴収表」「支払調書」の2点と、所得の合計が3000万以上ある時は「経費の領収書」が必要になります。

この支払調書は年末に、オンラインカジノのサポートに問い合わせて出してもらうか、入出金の収支明細、または自分でつけている帳簿等でも代用が可能です。
確定申告の可能性がある場合は事前にこまめにつけておくことが大切です。

申告をずさんな計算方法だと、余計に納税額が多くなってしまう可能性があるので、注意が必要です。

初めての確定申告は、空いているときに行くのがオススメ

オンラインカジノに限らず、 確定申告を始めて行うなら税務署が空いているときに、いくのがポイントです。確定申告の受付をしている時期は、翌年の2月16日から3月15日の間となっています。

特に初週と3月の最後の週は、尋常ではないレベルで混み合いますので、その間の空いている期間と時間帯を狙って行くのが、オススメされます。落ち着いている時間帯や、期間外なら税務署も空いているので、用紙の記入方法なども相談に乗ってくれます。

特に会社に請求書が流れてしますのが困るという方は、必ずチェックしておく項目も必要なので、事前に悩みは解決しておくのが良いでしょう。