多彩なゲームが楽しめるオンラインカジノの魅力とは!?

オンラインカジノに税金はかかる?気になる税金の話

オンラインカジノで税金を払う必要はある?

オンラインカジノで得た報酬金には、実は税金がかかることをご存知でしょうか?
オンラインカジノをプレイしていて、もし大きな金額が儲かった場合、税金を支払わなければなりません。
パチンコや、競馬などとは違い銀行振り込みや小切手など、銀行口座を介してお金がやり取りされ、
記録がしっかりと残るためです。
これを知らず、放っておくと追徴課税の支払いや、最悪の場合、脱税で逮捕なんていうことになってしまいます。
オンラインカジノをプレイする上で、税金についてしっかり確認をしておくようにしましょう。

どのくらい儲けたら税金がかかる?納税が必要になるケース

どのくらい儲けたら税金がかかる?納税が必要になるケース

オンラインカジノで儲けた金額は所得として扱われ、自分自身で「確定申告」を行い納税する必要があります。
では、どれくらい儲けたら確定申告が必要なのかというと、
会社員等で本収入がある場合は、本収入以外に「20万円以上の副収入がある場合」には、確定申告が必要となります。
所得税は1月1日から12月31日の1年間に得た収入の内、課税対象となる所得に対して発生します。
オンラインカジノで得た利益は、一時所得、または雑所得に当たると言われていて、
それぞれに控除額や課税対象となる所得の計算など、ルールが定められています。

どれだけの額になるのか自分で把握!課税金額の算出方法

オンラインカジノで稼いだお金は一時所得に分類され、課税されます。
一時所得は以下の計算式で算出することができます。

【一時所得】=【収入金額】-【支出金額】-【特別控除額 (最高50万円)】

式からもわかる通り、儲け(収入金額)から賭け金(支出金額)を引いて、
さらに特別控除額を引いた金額が【一時所得】です。
50万円未満の儲けであれば【特別控除額】として控除されるため、納税の必要はありません。
先ほども述べましたが会社勤めをされている方の場合、給与以外に20万円以上の収入があった場合、
確定申告の必要があります。つまり、70万以上儲けていない場合は確定申告の必要はありません。

気を付けて!支出金額の計算方法

注意しなければならないのが損失額を支出額として計算に入れることができない点です。
勝ったときの支出しか支出金額にはならない為「勝つたびに課税される」と考えるとよいでしょう。
1年間のトータルで収支を考えてはいけません。
このことも踏まえ、収支の記録はこまめにするようにしましょう。

必要書類を集めて自分で確定申告をやってみよう!

忘れずしっかりと確定申告

確定申告には、「源泉徴収表」「支払調書」「経費の領収書(所得が300万円以下の場合は不要)」が
必要となります。
「支払調書」に関しては、オンラインカジノのサポートに直接問い合わせて受け取るか、
自身で収支明細をプリントアウトする、または自分でつけた帳簿などでも大丈夫な場合があります。
確定申告の可能性がある場合は事前にこまめにつけておくことが大切です。
ずさんな計算方法だと、余計に納税額が多くなってしまう可能性があるので、注意しましょう。

早めがおすすめ!初めての確定申告

税金は、その年の1月1日から12月31日までに稼いだお金にかかります。
そして、その翌年の2月16日から3月15日の間に確定申告をする決まりになっています。
自分で確定申告をするとなると後回しにしてしまいがちですが早めに済ませてしまいましょう。
なぜならこの時期の税務署は信じられないほど混雑するからです。特に確定申告時期の最終週は長蛇の列になります。
それを見越して早めに済まそうとする人が2月16日からの最初の週に集中しますので、
その間の空いている期間と時間帯を狙って済ませるのがおすすめです。
落ち着いている時期であればわからない事があっても税務署の担当者が丁寧に対応してくれます。